農情人:食と農の現地情報を発信

農村に訪れたときの体験記や食・農業について綴る

就農を考えている方へ!【書評】「脱サラ就農の入門書~農業で自由を手にするための5ヶ条: 農業のキャッシュポイントは無数にある」

2021年は「音声メディア元年」という声も多く、これから「音声版YouTuber」が到来する可能性が高まっている。

音声メディアのトップランナーである「Voicy」が会員数と売上を伸ばしているはもちろん、「stand.fm」は昨年8月に設立初年度にもかかわらず、Yahoo!Japanのファンドから5億円も調達を実現している。

prtimes.jp

 

私自身、ブログに加えて、音声メディア開始を検討する中で、既に「stand.fm」で発信されている農家さんである「とまたろう」さんを見つけた。

その「とまたろう」さんが今年の1月2日に発売された本をkindleで読んでみた。

 
著者の強みは何と言っても「発信力」と「継続力」である。
というのも、農家という仕事上、朝から農作業で身体を動かして力を使い、疲れているにもかかわらず複数のメディアでの情報発信を継続している。
メディアは、Youtubeはもちろん、インスタやstand.fmやブログ。
どのようにして、そのような継続力を発揮できているのか、農家だけでなく、皆が気になるところで、同様に見習いたい方が多く存在する気がした。

  • 本書のポイント

  • 農業には職人と経営者の両方のスキルが必須

「職人タイプ」と「経営者タイプ」に分類できるように感じます。「職人タイプ」は主に畑に張り付いて、上質な作物の生産に長けている。「経営者タイプ」は畑を従業員に任せて、本人は主に人に会ったり、新規ビジネスの立ち上げや、販路開拓に長けている。

農業を継続するために、上記の2つのスキルが必須である。

今までは、「職人タイプ」だけのスキルを持っていれば、市場向けに農協経由で安定生産・出荷で収益は実現できたかもしれない。

しかし、これからの時代は大量生産・大量消費・大量廃棄の社会経済システムから脱却し、本当に必要なものだけで暮らす動きが進んで行くと考える。

そんな中、「職人」として、いいものを作るのはもちろん、「経営者」としてどのような方に向けた商品をどう工夫して作り、ファンを獲得していくか、各農家自身で考えることが求められると感じる。

 

私が5年間で学んだことは、どちらもやらなければ続けていけないということです。作物の品質を上げながら、販路開拓と新規ビジネスを立ち上げていく。その両輪を常に回しながら改善していくことが、農業経営にとって大切なことです。撤退していった農園はどちらかの能力が欠けていると分析

著者も就農5年で両輪でスキルを磨き続けて、事業を継続しながら、新たなチャレンジを続けている。

言うは易く行うは難しであるため、それをやる秘訣を具体的に知りたい方も多くいるだろう。

 

  • 複数の販路を開拓

ミニトマトは個人経営八百屋さん、ネット直販、マルシェ。きゅうりは直売所。菜花、わさび菜は直売所、スーパー。こんなカタチでそれぞれの販路にハマる売り方があるので、試して、改善して、しっくりくる売り方を構築

著者は市場には出荷せず、BtoBとBtoCを基本に販売している。

特に、作物の特性に応じた販路先を定義しているため、販路開拓に悩む農家さんには非常に参考になると考える。

どのようにして、作物ごとに、販路の棲み分けを定義しているのか、背景や具体的な改善プロセスを知りたい方も多くいると考える。
恐らく、高付加価値で売りやすいミニトマトはストーリーと併せて売りやすい、八百屋やECでチラシや販促POPのようなツールと組み合わせながら、ファンを募っていき、きゅうりのように差別化難しい作物は直売所に並べるという棲み分けと予想する。
 
  • 農業を始める際の注意点

私が最初に借りた畑は20年間耕作放棄されていて、木や草がぼうぼうなところを開拓しました。しかし20年の間に溜まった水分は抜けずに、抜本的な土木工事を行う以外に解決する方法がなく、今では耕作していません。まあ農地選びに失敗したわけです。こんな例は全国各地で聞いたことがありますので、ぜひ慎重に探して欲しいのですが、いわゆる良い農地の情報は新規就農者には入ってこないことが多いです。
新規就農者にとって、一番重要で一番難しいのはやはり「土地選び」である。
もちろん、水はけがよく、日当たりがよく、災害が少ないところが一番良いが、そんな特に、よそ者にはそのような優良農地は入手困難である。
仮に、見知らぬ土地で農業を始めるのであれば、選り好みせず、まずは地域に入り込み、農業に真摯に取り組むことで、地域で信用を獲得できれば、優良農地の情報は自ずと回ってくるとのこと。
小規模でも農業を始め、自身の取り組みを発信し、当たり前のことを地道に継続することが、農業で成功する秘訣なのであろう。

f:id:goldenfish8:20201126073112j:plain

まっさらな農地
 
  • 次回への期待

YouTubeでの動画資産の構築、stand.fmでの音声コンテンツ資産の構築、そしてまさにkindle出版によるテキストコンテンツ資産の構築です。不動産資産は簡単には作れませんが、デジタルコンテンツ資産は誰でも作れます。
著者は今年より「note」というブログでの発信により、トマトのブランディングにもチャレンジされている。
お金とは一線を画す、多くの資産を積み上げて、たくさんの共感者や賛同者を増やしていく著者の取り組みには今後も注目して行きたい。
次回、著者の「発信力」と「継続力」の秘訣を教えてくれるような本が発売されることを密かに期待している。

2021年は”農情人”として、農業×情報×人材をキーワードに活動

みなさん、あけましておめでとうございます。新年一発目の投稿は去年の振り返りと今年の取り組みを綴る。

 

目次

 

  • 昨年はタイに駐在していたが。。。

 昨年の年明けからタイに駐在を開始し、農村部で農産物を生産し、主に都市のバンコク向けに販売し、収益を上げるビジネスモデルの構築に携わっていた。

2020年、カイ、タイで既婚者の農家になる? - 東南アジア農村放浪記

意気揚々とチェンマイに駐在し、毎日、農作業や仕組みづくりに取り掛かっていたが。。。

誰しも予想しない大きな時代の変化により、自身の考えも大きく変える機会となった。

【番外編】退職を決断し、自分自身と見つめあう - 東南アジア農村放浪記

色んな本を読み、ワークに取り組み、いろいろと悩んだ結果、11月より個人事業主として独立した。

 

  • 2つの大きな課題 

独立後、地方の農家さんを巡る中で、大きな2つの課題にぶつかる。

それは、「後継者不足」と「スマートではない農業用システム」の存在である。

  • 後継者不足は田舎だけの問題!?

高齢化が進む農産業において、既に課題として存在しており、それは、農業が儲からないから若者を惹きつけていないことが原因と捉えていた。

しかし、実際に利益を上げて、儲けている農家さんからも同様の声があったことには正直驚き、問題の根深さを実感した。

【第3弾】やる気ある若者は大歓迎~ノウハウは惜しみなく開示して後継者育成に捧げる~ - 東南アジア農村放浪記

元自衛官!厳しさの中に優しさあり!エデンガーデン戎谷さん

 

f:id:goldenfish8:20201119134613j:plain

なすの栽培期間を長くして株あたり収量を高める、やり手農家
  • 農業用システムで誰でも生産効率アップ!?

生産効率を上げるために天窓や暖房や環境管理システムなど、決して安くはない機械を複数のメーカーから購入した結果、それぞれの規格違いの問題で連携出来ず、自動制御が実現できていない問題を知る。

もちろん、大きな農業法人や大規模農家であれば、大手企業からパッケージで一括購入すれば、導入まで全てワンストップでできるため解決できる課題である。

しかし、小規模農家の場合、数百万円の投資は致命的となるため、各機械やシステムを安いところから買い、切り貼りして使わわざるを得ない。

 

  • ではどうやって2つの大きな課題を解決するの?

上記の課題解決のため、「農情人」として、”農業”に携わり、食やエネルギーを持続可能な方法で生産する方々が、”情報”技術を有効活用して市場の相場や天候の影響に左右されず安定的に農業に従事するために、”人材”を繁げるサービスを提供をスタートしている。

f:id:goldenfish8:20201125075030j:plain

農情人として始動
  • ITエンジニアを惹きつける事業にする

人材不足の解消のためには、必ずしも農業に興味のある人だけを惹きつけることが答えではないと考える。

自分自身、ITコンサルタントとして働いていたときに一番のやり甲斐を感じた瞬間は、課題を定義して解決できたときに、クライアントから「ありがとう」と言われた時であった。

農業においても多くのまだ見えぬ課題が数え切れないほど潜伏している。

そのため、そのような現場で課題解決できる機会を提供するために、「株式会社LvC」という多くのITエンジニアの転職をサポートする会社と協業して、人材を巻き込む仕込みをしている。

株式会社LvC | 子供がオトナにあこがれるシャカイを創る

 

  • 汎用品を組み合わせる

システムは高ければその分、高い効果を発揮するというものではない。

もちろん、システムをカスタマイズすれば、天窓の角度を1°単位で設定するような、きめ細やかな制御は可能である。

とは言いつつも、作物が育つ環境づくりに必ずしもきめ細やかな制御は不要である。

そこで、農家が必要とする機能を絞り込み、汎用的なシステムを組み合わせることにより、数十万円で導入する仕組みを構築する。

下記の本に記載のあった「UECS(ユビキタス環境制御システム)」は非常に可能性を感じるシステムである。

 
今年は上記の2つの課題解決に向けて国内で活動していく。
本年もよろしくお願いします。

奇跡の組み合わせ~こだわり納豆とマヌカハニー~

あと少しで今年も終わり。
今年、どんな一年か振り返ったときに、転職したり独立したり変化が多い1年だったが、有難いことに体調を崩すことなく乗り切れた。
要素は色々あるが、食生活が一番大きな要因と捉えている。
 
思い起こすと、国内外問わずどこにいても、毎日のルーティンとして、「納豆」と「ハチミツ」は欠かすことなく食べていた。
想像するだけで、ミスマッチな組み合わせに感じるが、ハチミツにより納豆の粘り気が増して、実はかなり相性が良い組み合わせである。
 

f:id:goldenfish8:20201229174909p:plain

納豆にハチミツを入れる
食べ方としては、タレは基本使わず、納豆を素の状態で2~30回ほど混ぜたのち、ハチミツを加えて、再度、2~30回ほど混ぜる。
すると、普通に混ぜたときの粘り気よりも、さらにフワフワの納豆になる。

f:id:goldenfish8:20201229174843p:plain

ハチミツによりパワーアップした納豆
同じようなことをしている人がいるか念のため、調べてみたところ、さらにパンに乗せている人もいた。。。
上には上がいるものである。
 
納豆とハチミツのオススメの組み合わせ、以前紹介した岡田さんがこだわり抜いた「岡田発酵工房」の納豆と少し流行りつつある「マヌカハニー」である。
・農薬を使わずこだわり抜いた豆で作った「岡田発酵工房」
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 農情人 (@noujoujin)

・コロナ時代の免疫効果で需要が高まった「マヌカハニー
 
来年も免疫力を維持し続けるために、食生活は意識して過ごしたいと思う。

【第3弾】やる気ある若者は大歓迎~ノウハウは惜しみなく開示して後継者育成に捧げる~

第3弾では、常に進化を遂げている西村さんでも抱える悩みと今後の展望を綴る。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 農情人 (@noujoujin)

 

災害に耐えられる強い圃場作りや生産性向上のための改善活動と共に、販売単価向上のためのデータ収集・分析と改革を実行に就農後は精力的に取り組んできた。
一方で、「万倉なす」生産部会の農家数は70軒をピークに、減少傾向が止まらず、今では4軒まで減少。
原因はシンプル。収支が合わず、「儲からない」という一言に尽きる。
「儲かる農業」の実現のために国や企業が血眼になりながら試行錯誤しているが、未だ明確な方向性は指し示されていないのが現状である。
もちろん、農家の中には1粒五万円のイチゴや1本一万円のネギをブランド化して宣伝し、全体の販売単価の向上を実現している例もある。
なぜなら、高単価の作物は全体のうちのごくわずかである。
現に1本一万円のネギは全体生産量200万本のうち10本であり、0.000005%の割合であり、なんと年末ジャンボ宝くじの当選確率の割合と同じレベルである。
比べ方は適当ではないかもしれないが、逆に言うと、そのくらいの割合で生産できる「最高峰のネギ」であっても、一億円ではなく、たかだか一万円なのである。

f:id:goldenfish8:20201226142643j:plain

採れたてのネギ

 

特に、今年の冬の青果市場は顕著であるが、農業は生産物が安すぎることにより、儲からないと嘆く人が多い。
もちろん、食料は他の生産物とは異なり、人が生きる上で無くてはならないものであるため、国が補助金を投入して、価格を抑えているという背景もある。
しかし、ただ畑に種を撒いて、育てて、収穫して、市場に出荷するだけでは儲からないことは誰にでも想像できるだろう。
そのため、生産と販売における工夫や改善活動を他の業界と同等レベル以上に出来るかが肝になってくる。
西村さんも「農業界に若者を惹きつけて、後継者を育成できるかどうかは、自身が儲かる農業が実現出来るかがカギである」と述べていた。
そのために、自身が7年かけて蓄積してきたデータや開発したアイテムはもちろんのこと、耕す農地や住処や経営方法の指導まで全力でサポートする心づもりであると仰っていた。

f:id:goldenfish8:20201126092516j:plain

畑の中で生き生きと語る西村さん



農業界は労働者の高齢化が進み、耕作放棄地が増加し、天候不順が増えている。一方で、そのような逆風が吹き荒れる中、事業を継続できている農家は自ずと実力が高く、新規参入者であってもそのような実力者を師匠として教えを乞えば、活躍できる余地は大きい。
農業は継続して利益を上げるのが難しいという一般常識がある分、改善や工夫の余地がたくさんあり、西村さんの仰った「農業は永遠に飽きることにない天職」という言葉にも納得できる。

【第2弾】農業はデータが命。~就農1年目からデータ収集と分析を独自で実施~

第2弾では、生産の延長線上にある販売に向けたデータ収集と分析に対する、なす農家の西村さんの考えを綴る。

f:id:goldenfish8:20201128125129p:plain

データを元に分析イメージを説明頂く

最初の起点となるデータは、なす収穫量と規格を日次でまとめたものである。

そのデータと天気や気温や売上金額を紐づけて、長期で蓄積したデータを俯瞰して分析しているとのこと。

f:id:goldenfish8:20201128125529j:plain

日次の規格ごと収量データ

そのデータ蓄積と分析作業を就農後から続けているため、今では年次での比較も実現できている。

結果としては、今年2020年が販売金額が最高を達成し、就農後と比べて2倍まで伸ばしている。

f:id:goldenfish8:20201128125552j:plain

年次での累積販売金額データ

背景としては第1弾で記載した「天気や災害に左右されない圃場づくり」による秀品率向上と、周りの農家が台風被害で収量低下による単価上昇である。

 

収集したデータを元にして、2つの大きな改革を「万倉なす」生産部会長として実行したとのこと。

①不要規格廃止と新規格創設

②市場への出荷割合変更

 

①新規格創設と不要規格廃止

なすは「曲がり・傷を元にAかBで振り分け」、「太さでM~2L」でそれぞれ定義し、「規格外はC」としている。

f:id:goldenfish8:20201128125627j:plain

万倉なすの規格表

例えば、キレイで太いなすは「A2L」規格となり、1箱10本で梱包して出荷する。

データを収集し、現場を見て発見したのは、曲がりや傷が少なくキレイなのに、太さの問題で「B」と分類されるものが多く存在するという点である。

「B」で分類されると1箱あたり500円ほどの差分が発生してしまい、全農家の売上に影響している課題である。

そのため、西村さんは規格を新設することにより、農家の売上向上はもちろん、市場への卸価格を引き上げることによる農協への手数料向上を実現できるという事実を武器に、様々な人に働きかけた。

苦労の末、新規格創設を実現し、農家の売り上げ向上に貢献。さらに、ほとんど使われていない規格を廃止することにより、農家の仕分けの手間を削減した。

 

②市場への出荷割合変更

万倉なすは「宇部」をメイン、「徳山」をサブとして、2つの市場へ出荷している。

従来は「5%ルール」として、出荷量の5%をサブの市場である「徳山」に出荷していた。

しかし、データ分析を続ける西村さんは1点の重要な数字に気付いた。
それは同一の規格でも2つの市場で価格が大きく異なる点である。
そのため、昨年から「5%ルール」を完全撤廃し、サブの市場である「徳山」に20箱を単価が高い規格を選定し出荷する体制に変更した。
その結果、同一箱数であっても、売上単価が向上するため、農家の売上アップに貢献した。
 
このように生産へのこだわりだけでなく、良いものを作った農家が適正な収入を得られるように、データを蓄積して事実に基づいた改善策実行している。
生産だけでなく販売の工夫を実現し続け、常に進化を遂げている西村さんでも、ある大きな危機感を覚えているとのこと。
次回は、西村さんの今後の展望について綴る。

【第1弾】62歳でも挑戦者~農業は永遠に飽きることにない天職~

今回は、宇部市で農業を営む、宇部の名産「万倉なす」生産部会長の西村さんのお宅に訪問。

3時間にもわたって熱気のこもったお話しをお伺いしたので、3回にわたって綴る。

f:id:goldenfish8:20201126085010j:plain

生産に対する熱い想いを圃場内で語る西村さん

第1弾は西村さんの「生産に対するこだわり」である。
西村さんは就農7年目でなすと水稲をメインに栽培。
「万倉なす」はブランド名であり、品種は「大成なす」という、皮が柔らかくて食べやすいメリットがあり、デメリットは風痛みで秀品率(全体収量の中で良品が占める割合)が低い。
過去は、「万倉なす」生産部会に70軒の農家が在籍していたが、今では4軒まで減っているという現状。原因としては高齢化による離農はもちろん、収支が合わないことも大きな要因である。
収支が合わない大きな要因としては、近年の気候変動による台風や豪雨のような災害による打撃によるところが大きいとの見解である。
そのため西村さんは、一般的な農家があまり手を入れない、リスクを最小化する取り組みとして、「天気や災害に左右されない圃場づくり」に注力している。
就農4年目から本格的に強い圃場づくりを実現に取り組み始めた。

具体的には、防風ネットの導入やソルガム(ソルゴー)という背丈の高い作物を圃場内での栽培である。また、「バンカープランツ(おとり植物)」という栽培方法を積極的に勉強しており、ソルガムは防風だけでなく、土に還って肥料となる上にアブラムシ対策にもなり、正に一石三鳥であるとのこと。

f:id:goldenfish8:20201126084951j:plain

防風ネットとソルガムが導入された圃場


結果的に、就農7年目である今年は周りの農家が台風の被害で収量が激減している中、最高売上を達成している。西村さんの仮説と検証が数字で証明されたこととなる。

 

西村さん自身、就農前は、エンジニアとしてのものづくりや機械の保全業務や資材調達のコスト管理など、生産だけでなくお金の動きを見られていたという事もあり、生産効率化を実現する費用対効果を意識したアイテムの発明を日々楽しみながら、実施されている。

f:id:goldenfish8:20201126084906j:plain

圃場の外から肥料など重い資材を滑らせて運ぶアイテム


特に驚いたのは、露地栽培で環境変化の大きい圃場内でABテスト検証を実施している点である。
今回の比較検証内容は、防風ネットの導入数量の違いによる、株あたり収量への影響である。
結果としては、圃場の長手方向だけでなく、数mおきに妻面と並行で防風ネットを導入する方が終了が圧倒的に多いという結果である。

 

このように、毎朝、早起きして、何の比較試験をするか、どのようなアイテムを開発したら作業量が減って反収がアップするか、楽しみながら妄想にふけっているとのこと。
農業は変数が多く、場所が変われば前提も大きく変わってしまうため、飽きることがなく、ずっと新たな挑戦者の気持ちで取り組める点がとても楽しいという言葉が印象深かった。
62歳でも、尚、挑戦者として夢や希望や熱意を語る西村さんの姿勢には触発されっぱなしであった。
次回は、生産だけでなく、販売の分析や規格の改善による収益アップを実現する取り組みについて綴る。

【応援編】世界遺産の町の地域と人をつなぐホテルを再出発

密かに応援している、カンボジアのコンポントムで活躍しているNapura-worksの舞さんがスタートしたクラウドファンディング

コンセプトは「コロナにより廃業しそうになっているコンポントム唯一のヴィラホテル再建に向けた仲間探し」。

残り20日で進捗率は50%超えの状況である。

今は、日本からカンボジアへは気軽に行けない状況ではあるが、リターンとしてはもちろんホテルへの宿泊券も付いてくる。(有効期限は2023年12月末まで)

 

自身もコンポントムへは数回訪れており、前回は、「村の暮らしをお借りして”食べる”を考える旅」と題して、カンボジアの伝統料理であるプラホックという、日本でいう塩辛作りにチャレンジした。


カンボジア伝統料理「プラホック」づくりのためにナマズをさばいてみた!

舞さんは毎回新たな取り組みをしているため、2つとして同じツアー内容が無い点が魅力である。

f:id:goldenfish8:20201122175309p:plain

ホームステイ先でみんなでご飯

ホテルだけでなく、コンポントムでは、普通ではできない体験も盛りだくさんのため、

コロナが明けたらカンボジアに行くことを考えている人にはぜひお勧めです!

 世界遺産の町の地域と人をつなぐホテルを再出発させる仲間を募集 - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)