農情人:食と農の現地情報を発信

農村に訪れたときの体験記や食・農業について綴る

トマトズキッズ(トマトが好きで次世代を担うお子様)プロジェクト始めます!

今回は、山口県宇部市で美味しいトマトを追及し続け、お子様に大人気のトマトを作る農家さんの新たな取り組みを紹介します。
目次

  

売り切れ続出! 食べたくても食べられないトマト

農家の三浦さんは元々はサラリーマンとして働いていたが、今から8年前より就農。

トマトは7年前から独自の栽培ノウハウで作り始めた。

f:id:goldenfish8:20210606210115j:plain

みずみずしく厳選された完熟トマト

ノウハウを蓄積するために、システムを導入して、甘くて美味しいだけではなく、持続可能な農法にも取り組む。

そんなトマトは、なんと郵便局で販売。
無人販売に向けた新たな取り組みにも挑戦。

(現在、生産が追いつかず売り切れ続出。。。)

ubenippo.co.jp

お客さんはトマトを買うために郵便局の開店前から並んでいる。
最近では事前に整理券が配られるほどの賑わいぶり。

f:id:goldenfish8:20210507184643j:plain

郵便局でトマト

その背景には、出荷するトマトに三浦さん独自の厳しい基準を設けている点である。
例えば、色や形や完熟具合など三浦さんだけが見極めることができる厳選ポイントがいくつもある。
その基準をクリアしないトマトは規格外として、加工品などに回している。
スーパーでは手に入らない、厳しい基準を通過したトマトだからこそ、ここまで顧客を惹きつけているのかもしれない。

 

お子様に大人気の理由はおやつ代わりになるあま~いトマト

また、顧客からよく聞く言葉がある。

それは「わざわざ遠方からこのトマトを買いに来るのは孫や家族と美味しさを分かち合える」という言葉である。

特に、お子さんやお孫さんが喜んで食べるという次のような声を多数聞く。

「孫がおやつよりもトマトを食べるようになった」

「子どもはトマト嫌いだったが、今ではトマトは生活に欠かせなくなった」

 「冷蔵庫にトマトが入っていないと子どもが騒ぐようになった」

「娘が何度もおかわりをねだるほど大人気のトマトだった」

 

トマトを食べた人の驚きの声

トマトを食べたご本人の方々からの喜びや驚きの声をご紹介します。
  •  想像をはるかに上回る美味しさ。自分の常識の狭さを痛感した。(村中様)
  • 元々トマトが大好きで、皮の硬さが程よく食べ応えがある。とくに、皮の甘さが病みつきに。(加藤様)
  • オリーブオイルと一緒に食べたが絶妙なマッチング。妻も感動するほどの美味しさだった。(小川様)
  • 出産お祝いトマトありがとう♪ 真っ赤で身と味が詰まって美味しかったです。(米澤様)
  • 生のままで食べるのが一番活きるトマトで皮の周りが一番美味い。妻にプレゼントしたら「甘っ、うまっ!」と美味しさに驚愕。(樋口様)
  • 奥さんとそのまま&オリーブで頂いて、激甘の美味でした。(小倉様)
  • 奥さんの実家へ手土産で持っていき、「美味しい」と大好評でした。(上野様)
  • お世辞抜きで本当においしく、ほかのトマト食べられなくなるほど濃厚でとても美味しいトマトでした。(松尾様)
     

実現したい夢は「次世代を担うトマトズキッズ」を増やすこと

そんな山口県内外問わず大人気のトマトをもっと多くの方々、特に次世代を担うお子様に新たなトマトの可能性を伝えたい。
トマトは言わずと知れた、リコピンやビタミンなどの栄養が豊富な健康野菜!

甘くて美味しいトマトをきっかけに野菜好きなお子様を増やして、健やかな毎日を送るきっかけを作りたいと三浦さんは熱い想いをたぎらせる。

f:id:goldenfish8:20210323111502j:plain

トマトハウスを説明する三浦さん

食べるだけではなく、次世代を担うお子さんたちに三浦農園が取り組む先端農業に触れる機会を提供し

「農業って実はカッコイイことを伝えて、自分たち世代では無理であろう革新を起こす世代を作り出す」

ことを夢を掲げている。

そのために、三浦農園では、栽培ノウハウを磨き続けて、カッコイイ農業を担うトマトズキッズ(トマトが好きで次世代を担うお子様)を増やすことがミッションである。

f:id:goldenfish8:20210619174223p:plain

クラウドファンディングスタート!

https://eat-note.com/crowdfunding1/

 

最初の超えるべき壁は3000万円の資金を調達

現在の栽培規模では山口県内で売り切れてしまうため、全国にトマトズキッズを増やすためにはトマトハウスの増設が不可欠。

しかし、誰しもが食べて感動するトマトを作るためには、どうしてもトマトにとって心地よい良い環境を作り上げることが必要。

f:id:goldenfish8:20210605144514j:plain

データ農業で最高峰のトマトを

そのために、3000万円という資金の調達が立ちはだかる大きな壁である。

今回、そんな資金調達の一つの取り組みとしてクラウドファンディングを立ち上げる。

公開は6/15を予定しているので乞うご期待ください。

 

トマトズキッズへ向けたリターンのご紹介

今回、トマトズキッズの仲間を増やすために、三浦農園のストーリーが詰まった「特別な絵本」を準備します。先着でトマトの絵本にお子様が登場するかも♪

f:id:goldenfish8:20210612150838j:plain

トマトズキッズ専用絵本

また、トマトの苗木に命名する権利も提供予定してますので、お子様のお名前を付けることも可能です!

 

目玉のリターンは「パスポートマト」

今回、トマト増産に向けて高額出資して頂けるサポーター様へのリターンとして「パスポートマト」の発給を予定している。
コロナ禍で海外に行けない中、気持ちだけでも非日常を味わって頂きたい。
そんな想いで「パスポートマト」を発給し、一度食べたらもう戻れない、トマトの先行予約と割引付与を予定。

(数が限られている中でも最優先に出荷します。) 

f:id:goldenfish8:20210606211920j:plain

海外に行けなくてもパスポートマトがあれば・・・

 

出資額とリターンは次のようなものを考えています。

f:id:goldenfish8:20210612161335p:plain

リターン一覧

 もしこんなリターンがあったら良いななど、ご意見あれば下記のフォームから教えて頂けると助かります。

トマトズキッズのプロジェクトに共感頂ける方や応援頂ける方のご参加お待ちしております。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。