東南アジア農村放浪記

途上国の農村に訪れたときの体験記、学びを綴る

誕生日にチャリティーイベント?

先週、8月22日に29歳の誕生日を迎えた。
20代最後の誕生日、思い切って、自分の誕生日にチャリティーイベントを実施した。
今回は、そのイベントの内容や開催の背景について綴りたいと思う。

内容としては、場所を貸し切って、食事と飲み物を提供し、参加者から寄付金を募り、集まった寄付金の全額をNGOへ贈るというものである。
イベント中においても、NGOの事務局長様より活動の紹介を行い、活動内容を広める場としても活用頂いた。

日本では、まだまだ寄付の文化は浸透していないが、実は欧米ではチャリティーイベントはよくある。
確かに内容としては怪しく、参加を呼び掛けたときに「ねずみ講では?」と思う方がいらっしゃったのは事実である。笑

チャリティーイベントについて、「寄付を通して自分も相手も良い方向に変わっていく」をコンセプトに実施した。

f:id:goldenfish8:20170829113237j:plain


寄付先はアフリカのウガンダケニアにおいて、「HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが未来を切り拓ける社会を実現する。」というビジョンのもと支援活動を行うPLAS様という特定非営利活動法人である。
当団体は、友人の紹介で7年前の世界エイズデーチャリティパーティーに参加したことをきっかけに知った。

そして最近、自分自身、お金について悩みに悩んで、もがき苦しむ中でNGO PLAS様への寄付を一歩として、少しずつ良い方向に変わってきた。
※お金についての学びなど、詳しくは別のテーマで綴りたいと思います。

そんなNGO PLAS様への感謝はもちろん、イベント参加者にもそのことを体感してもらいたいという目的でイベントを行った。
イベント内容については手探り感が否めなかったため、全員の方に楽しんで頂けたかは判断が難しいが、お陰様で20名の参加者より合計6万円という大金の寄付を募ることができた。
中には1万円を寄付くださる方も居て、涙が出そうになるほど嬉しかった。
初めて主催するイベントにもかかわらず、快く参加くださった方々、お手伝いをして下さった方々へもこの場を借りて改めて感謝したいと思います。
あっという間でしたが本当に良い経験になり、元気をもらいました、ありがとうございます!
参加頂いたみなさまが今回の寄付や交流を通して少しでも良い方向に変わっていくことを祈っています。

 

やはり寄付と言っても、ギブするだけではなく何らかの形でリターンがあるのだという学びもあった。
私自身のリターンとしては、忙しい平日の夜にもかかわらず笑顔で参加頂いたみなさまからのあたたかい言葉数々である。
最近、色々あって、毎日悩むことが多いのですが、生きる糧を頂いた気がします。
「寄付を通して自分も相手も良い方向に変わっていく」という言葉を胸に刻み、今後も色んなチャレンジを行っていきたいと思います。

次回は、10年ぶりに訪問したタイの農村における学びについて綴りたいと思う。